2011年12月03日

【テンダネス】ルールの補足

前日紹介した、【テンダネス】のルールを補足します手(パー)

@最初に場で表にする6枚のカードは、同じ数字が2枚まではいいのですが、
 最初から3枚同じ数字が場にあるとうまくいかないので、同じ数字は2枚までとしてください。
 (例、最初の場の6枚に10が3枚ある、などはダメなので、1枚は他のカードと交換して
 ください)

A同様に、最初に場で表にする6枚に、ジョーカーがあるとうまくいかないので、ジョーカーも
 他のカードと交換してください。

Bゲットしたカードの連続において、10→1も連続とします。 つまり例えば、
 9・10・1・2・3とゲットしていれば、【5連続】となります。
 ということで、1も10も端では無いので、基本的に1から10までのカードは、価値は
 同じになります。

 ちなみに、わが家では3回勝負を1セットとして、毎日やっています。
 3回の合計点で勝者を決めるのですが、順番も、1回目の勝負はジャンケンで決め、
 2回目以降は順番をひとつずつすらして行います。

 ただいま、息子が3夜連続勝利中(^o^;) だんだん勝ち方がわかってきたようで、
 息子の脳の成長に、うれしいかぎりですわーい(嬉しい顔)
                
                 IMG_3192.JPG


posted by おもちゃ満天パパ at 00:14| Comment(0) | トランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。